FXオプション取引の税金について

オプション取引で得た利益の確定申告の流れや必要経費と認められる経費について良く理解しておきましょう。不明な点があれば、問い合わせるなどをして、解決できるように心がける必要があります。面倒な点かもしれませんが、利益が出た結果なので、喜ぶべき内容かもしれません。

バイナリーオプションでも税金がかかる?

株やFXの経験がある人ならご存知だと思いますが、実はバイナリーオプションでも税金を納めないといけないというケースもあります。どういう人が当てはまるのか、確定申告の流れはどうなるのかなどを紹介しています。


バイナリーオプションでも税金の支払が必要になる

金融取引では、株式やFXなどがあります。今まで投資経験があるという方なら、知っている、経験があると思いますが、金融取引で利益が出れば、税金を支払わないといけなくなるというケースもあるのです。バイナリーオプションも金融取引の一つとなりますので、もちろん、税金の対象となります。


では、バイナリーオプションの税金はどのような扱いとなっているのでしょうか?税金には取扱い区分というものがあります。FXでもそうですが、バイナリーオプションの取扱い区分は【雑所得】という区分になります。しかし、利益が出た時もあれば、損失が出る時もあるのが、金融取引です。こういった取引では、損益通算が可能となっています。


簡単に説明すると、バイナリーオプションで45万円の利益が出たけれど、FXでは15万円の損失が出たという場合、損益通算をすると45-15=30となります。つまり、雑所得は30万円になるという事です。雑所得には、原稿料や講演料なども当てはまるので、その他の雑所得がある場合は、一緒に計算しておきましょう。雑所得の合計が年間20万円を超えるのであれば、確定申告が必要になります。確定申告をしておかないと、後々困ることにもなりますし、脱税となってしまいます。忘れないように確定申告をすることをお勧めします。


確定申告の流れを把握しておこう

脱税にならないようにするためにも、確定申告をするようにしましょう。最近では、自宅に居ながら確定申告が出来るというeーTaxという便利なシステムも登場しています。必要な機械は用意しないといけませんが、市役所に足を運ぶ手間が省けるので良いと思います。確定申告の流れを紹介していきましょう。

1年間の雑所得を計算する。
雑所得の計算が出来、合計が分かったら、必要経費を総所得金額から引く。
仕事をしている方や、副業をしている方であれば、他の利益や所得を合算する。
ステップ2で出た金額と合算して税金額を計算する。

確定申告は以上のような流れとなります。大まかな説明だったので、分かりにくいところもあると思いますが、疑問に思う点や分からない点があれば、市役所や税務署に問い合わせてみる事をお勧めします。不明なままにしておくと、せっかく使った時間も台無しとなってしまいます。事前にある程度の流れを把握して、手続きが出来るようにしておきましょう。


バイナリーオプションで認められる経費を知ろう

必要経費とは、所得を得るために費やした経費の事を意味します。間違いやすい点として、【投資した金額】が挙げられます。投資した金額は必要経費には当てはまりません。必要経費として認められるのは、文房具などの消耗品や新聞、書籍、雑誌などとなります。また、パソコンの購入費、インターネット接続料金、各手数料なども認められるようです。手数料が全額経費として扱われるので、しっかりとメモを取るなりして、残しておけるようにしておきましょう。また、バイナリーオプションを知るため、戦略などを学ぶために、セミナーに参加し、費用が必要になった場合は、その金額全てが経費として扱われます。経費扱いになる可能性のあるものは全てチェックしておき、メモを取るなどの工夫をする必要があります。パソコンの購入費と言いましたが、これは、全額ではありません。バイナリーオプション取引以外にも、パソコンの用途はあると思います。その為、パソコンの経費は一部となってしまいますので、注意しておきましょう。いろいろと不安な面もあると思いますが、確定申告を行うための準備も日頃から心がけておくと、後々楽になるのではないかと思います。





ルールはラダー取引、相場の状況に合わせて7本のレートから選んで上下を予測!購入金額は1円から999円、ペイアウトは1LOT一律1,000円受け取れます。 >>>