バイナリーオプション知識確認テストによく出てくる用語

バイナリーオプションの口座開設に受ける、知識確認テストでよく出てくる用語を解説します。テストを受ける前に、まずは専門用語に慣れることから始めましょう。専門用語さえ理解できれば、内容的には難しいテストではないので、クリアしやすくなります。

まずは、専門用語に慣れる

バイナリーオプションの口座開設のときに受ける、知識確認テストでは金融や、オプション取引に使用される専門用語が多く使用されています。金融庁の、バイナリーオプションの参考問題を見てみると、難しい言葉が多く問題を見ただけで頭がこんがらがってしまいますね。それに、難しそうな専門用語を使っていると、「難しい試験」というような先入観が出てしまいます。

ですが、オプション取引の専門用語さえ理解してしまえば、難しいと思っていた試験も意外と簡単に解けてしまったりするのです。難しそうに見える専門用語に惑わされないようにしましょう。


専門用語に慣れる

金融取引に使用される専門用語は、日常生活で使う事や目にする事はあまり多くはないと思います。投資経験がある方でしたら、オプション取引用語に慣れているかもしれませんが、投資が初めての方には、なんだか異国の言葉ではないのかと思うほどかもしれません。

こうした専門用語は、まずは慣れるという事をしましょう。見慣れない言葉には、拒否反応が出てしまいますが、見慣れたものには冷静になれるものです。ヤル気を出して覚えるぞ!って思うよりも、リラックスした気持ちで、暇なときにちょっとネットで見てみようくらいの気持ちで十分です。


バイナリーオプションの口座開設テストでよく出てくる単語

オプション取引

オプション取引とは、ある原資産を定められた期間の中で一定の価格で売り買いできる権利を売買する取引です。

コールオプション

原資産を一定の価格で買える事ができる権利。

プットオプション

コールオプションの対義語です。原資産を一定の価格で売れる事ができる権利。

原資産

取引の対象となる資産の事です。通貨オプションの場合は、通貨の価値です。

ヨーロピアンタイプ

オプション取引の、取引ルールのひとつです。他にはアメリカンタイプ・バミュータイプなどがあります。ヨーロピアンタイプは、定められた期日にのみ権利行使ができる。

アメリカンタイプ

定められた期日までの間、いつでも権利行使ができる。

バミューダンタイプ

期日が複数回設定され、いずれかの期日で権利行使可能。

インザマネー

権利行使した場合、価値がある(損益がプラスになる)オプション。

アットザマネー

権利行使した場合、原資産価格と同じ。(損益がプラスマイナスゼロ)。

アウトオブザマネー

権利行使した場合、損失(損益がマイナス)がでるオプション。

権利行使

権利行使とは、持っているオプションの買う権利、又は売る権利を行使することです。買う権利を行使=買う、売る権利を行使=売る、です。


外為オプション
外為オプション
ルールはラダー取引、相場の状況に合わせて7本のレートから選んで上下を予測!購入金額は1円から999円、ペイアウトは1LOT一律1,000円受け取れます。
詳細はこちら
LION BO
LION BO
7本の目標レートから1本を選んで予測する人気のラダータイプを採用。0円~1,000円から始められます!少額取引が出来るので無理のない範囲で投資ができます。
詳細はこちら
バイトレ
バイトレ
取引ルールは3種類。スマートフォンでも取引OK!操作もシンプルな3ステップで済むから、家でも外出中でも気軽にバイナリーオプション取引ができます。
詳細はこちら

以上の単語の意味さえ理解をしておけば、問題を見ても内容の把握もすんなりできるでしょう。カタカナが多く、読み間違いなどに気をつけましょう。



ルールはラダー取引、相場の状況に合わせて7本のレートから選んで上下を予測!購入金額は1円から999円、ペイアウトは1LOT一律1,000円受け取れます。 >>>