口座開設テスト「方法」

バイナリーオプション試験の「方法」の項目の問題・解説です。

口座開設テスト「方法」 についての解説

【問1】次の文章のうち、オプションの取引手法として、正しいものを選択。

① 保有する原資産の今後の価格下落を回避(ヘッジ)するため、原資産のコールオプションを取得した。
② 保有する原資産の今後の価格下落を回避(ヘッジ)するため、原資産のプットオプションを取得した。

解答 ②
原資産の価格が下降すると、価値が上昇するのでプットオプションを所有し、原資産の価格が上昇すると価値が上がるので、コールオプションを所有する取引手法があります。

【問2】次の文章のうち、オプションの取引手法として、正しいものを選択。

① 将来取得する予定の原資産の値上がりを補うため、原資産のコールオプションを取得した。
② 将来取得する予定の原資産の値上がりを補うため、原資産のプットオプションを取得した。

解答 ①
値上げを加速させる事を補うために、コールオプションを取得するという取引手法があります。


【問3】次の文章のうち、通貨オプション取引の投資方法として、正しいものを選択。

① 原資産価格が大きく騰落することを予測し、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得るため、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションの2つのオプションを合わせて取得した。
② 原資産価格が大きく騰落することを予測し、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得るため、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションの2つのオプションを合わせて付与(売却)した。

解答 ①
騰落=乱高下 相場が激しく上下しているので、コール(上昇)オプションとプット(下降)オプション、両方を取得するという取引手法です。


【問4】次の文章のうち、通貨オプション取引の投資方法として、正しいものを選択。

① 原資産価格の騰落幅が小さいと予測し、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得るため、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションを付与(売却)し、原資産価格より権利行使価格が低いプットオプションを取得した。
② 原資産価格の騰落幅が小さいと予測し、上昇、下落、いずれの方向に動いても利益を得るため、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプションと原資産価格より権利行使価が低いプットオプションの2つのオプションを合わせて付与した。

解答 ②
コール(上昇)オプション、プットオプション(下降)、両方を付与(売却)することにより。上昇。下降どちらに動いても利益を得る事ができるということです。


【問5】次の文章のうち、オプションの投資方法として、正しいものを選択。

① カバ-ド・オプションとはオプションの売りポジションをカバ-するような原資産を保有し、オプションを売ることである。
② カバ-ド・オプションとはオプションの買ポジションをカバ-するような原資産を保有し、オプションを買うことである。

解答 ①
カバード・オプションとは、「原資産の買い、売り」と「オプションの売り」のポジションを同時に取得するという、投資戦略です。オプションの売りを組み合わせて、ヘッジをかけながら利益を狙う方法です。


【問6】次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

① 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測し、バイナリーコールオプションを買い付けた。
② 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測し、バイナリーコールオプションを買い付けた。

解答 ①
判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測=判定時刻に相場が上昇していると予測する。なので、コール(上昇)オプションを買い付けるということです。


【問7】次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

① 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測し、バイナリープットオプションを売付けた。
② 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測し、バイナリープットオプションを売付けた。

解答 ①
原資産価格が、権利行使価格よりも上昇していると予測したら、プット(下降)オプションを売りつけるのが正解です。


【問8】次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

① 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測し、バイナリープットオプションを買い付けた。
② 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測し、バイナリープットオプションを買い付けた。

解答 ②
判定時刻に、相場が下がると予測したらプット(下降)オプションを売りつけるのが正解です。


【問9】次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

① 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測し、バイナリーコールオプションを売付けた。
② 判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測し、バイナリーコールオプションを売付けた。

解答 ②
判定時間に、現状のレートが予測よりも下降していると予測した場合コール(上昇)オプションを売り、プット(下降)オプションを買う、という事で利益が得られます。


【問10】次の文章のうち、バイナリーオプション投資について、正しいものを選択。

① コールオプションの買いでは、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を加算した価格が損益分岐点である。
② コールオプションの買いでは、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を差し引いた価格が損益分岐点である。

解答 ①
損益分岐点とは・・・・購入した金額を利益から引いて0円になったところを損益分岐点といいます。コールオプションの場合は、権利行使価格に原資産の一単位あたりのオプション料(購入金額)を差し引いた金額は、損益分岐点となります。


【問11】次の文章のうち、プレーンオプション投資について、正しいものを選択。

① プットオプションの買いでは、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を加算した価格が損益分岐点である。
② プットオプションの買いでは、権利行使価格に原資産1単位当たりのオプション料を減算した価格が損益分岐点である。

解答 ②
プレーンオプション投資とは、「プレーン・バニラ・オプション」などと呼ばれる事もあります。プレーン=基本的な、コール・プットの売り買いのオプション取引という事です。 答えは、問12の問題の逆と考えます。


【問12】次の文章のうち、バイナリーオプションを利用したヘッジ取引について、正しいものを選択。

① ヘッジ対象とする資産と同額のペイアウト額となる数量のバイナリーオプションを取得すれば、ヘッジ対象資産の損失の100%ヘッジが可能となる。
② ペイアウトは固定されているので、バイナリーオプションを利用したヘッジは、ヘッジ対象資産の損失の一部を補うものとして行う必要がある。

解答 ②
たとえば、FX取引でのリスクヘッジの場合、ポジションを保有しているものと逆の取引をし、万が一どちらかに損失が出ても、一方は逆のポジションを持っているので、損失の一部を補えるという事です。投資で、100%のリスクヘッジをする事は、難しいでしょう。


【問13】次の文章のうち、バイナリーオプションを利用した取引方法の説明として、正しいものを選択。

① 2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリープットオプションと権利行使価格の低いバイナリーコールオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格の間となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の中であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができる。
② 2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリーコールオプションと権利行使価格の低いバイナリープットオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格の間となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の中であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができる。

解答 ①
判定価格が2つのオプションの権利行使価格の間=レンジ相場  この場合、予測レートの高いプット(下降)オプションと、予測レートの低いコール(上昇)オプション、両方を取得すれば、判定価格が予測レートの間となった場合に、利益を得る事ができます。


【問14】次の文章のうち、バイナリーオプションを利用した取引方法の説明として、正しいものを選択。

① 2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリープットオプションと権利行使価格の低いバイナリーコールオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格で作られた価格帯の外となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の外であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができる。
② 2つのオプションを用い、権利行使価格の高いバイナリーコールオプションと権利行使価格の低いバイナリープットオプションを取得すれば、判定価格が2つのオプションの権利行使価格で作られた価格帯の外となった場合に収益が得られ、判定価格が所定の価格帯の外であった場合にペイアウトとなるレンジバイナリーオプションに似た投資を行うことができる。

解答 ②
レンジバイナリーオプションとは・・・・レートが取引終了までに、レンジに到達するか、しないかを予測するオプション取引です。設定条件が複数あり、その中から予測し選んで取引をします。 この問題の注意点は、①の方は「権利行使価格の高いプットオプション」と記載されています。引っ掛け問題のようなものなので、問題の分をしっかり読んで、ケアレスミスをしないように気をつけましょう。

ルールはラダー取引、相場の状況に合わせて7本のレートから選んで上下を予測!購入金額は1円から999円、ペイアウトは1LOT一律1,000円受け取れます。 >>>