口座開設テスト「概要」

バイナリーオプション口座開設テスト、「概要」の項目のテスト対策です。概要では、バイナリーオプションの取引の概要についての問題が出題されています。専門用語の、コールオプション・プットオプションの理解をすれば、簡単に攻略できます。問題、答えに解説をつけましたので、ご参考にしてください。

口座開設テスト「概要」についての解説

バイナリーオプションの口座開設テストの項目別「概要」の部分の問題、答え、解説です。「概要」の部分は、コールオプション、プットオプションを理解する事が攻略の鍵です。

【問1】次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引の説明として、正しいものを選択。

① バイナリーオプションの取引期間(満期)は2時間以上であり、全ての取引は取引期間の開始時点で成立し、成立したポジションは、判定によってのみ決済となる。
② バイナリーオプションの取引期間(満期)は2時間以上であり、原則として取引期間中は自由に取引することができる。

解答 ②
11月末からのバイナリーオプション規制で、取引期間中は自由に取引ができる事になりました。


【問2】次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引の説明として、正しいものを選択。

① バイナリーオプションの取引期間(満期)は3時間以上であり、全ての取引は取引期間の開始時点で成立し、成立したポジションは、判定によってのみ決済となる。
② バイナリーオプションの取引期間(満期)は3時間以上であり、原則として取引期間中は自由に取引することができる。

解答 ②
問1に記載されているように、判定時刻より前(取引時間中)は取引が自由にできるので決済する事もできます


【問3】次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引の説明として、正しいものを選択。

① バイナリーオプションの取引期間(満期)は4時間以上であり、全ての取引は取引期間の開始時点で成立し、成立したポジションは、判定によってのみ決済となる。
② バイナリーオプションの取引期間(満期)は4時間以上であり、原則として取引期間中は自由に取引することができる。

解答 ②
バイナリーオプションでは、損失に制限が無いためロスカット規制がかかり、ロスカットされることがあります。


【問4】次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引の説明として、正しいものを選択。

① バイナリーオプションの取引期間(満期)は5時間以上であり、全ての取引は取引期間の開始時点で成立し、成立したポジションは、判定によってのみ決済となる。
② バイナリーオプションの取引期間(満期)は5時間以上であり、原則として取引期間中は自由に取引することができる。

解答 ①
買いオプションでしたら追加証拠金はありませんが、売りオプションの場合、追加証拠金が必要になる場合があります


【問5】次の文章のうち、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引の説明として、正しいものを選択。

① バイナリーオプションの取引期間(満期)は6時間以上であり、全ての取引は取引期間の開始時点で成立し、成立したポジションは、判定によってのみ決済となる。
② バイナリーオプションの取引期間(満期)は6時間以上であり、原則として取引期間中は自由に取引することができる。

解答 ①
バイナリーオプション提供業者は、取引限度額、数量があります。それを超えた場合は、取引の中止や中断があります。


【問6】次の文章のうち、正しいものを選択。

① オプション取引にはヨ-ロピアンタイプとアメリカンタイプがあり、権利行使期間の満期時だけに権利行使できるものをヨーロピアンタイプという。
② オプション取引にはヨ-ロピアンタイプとアメリカンタイプがあり、権利行使期間の満期時だけに権利行使できるものをアメリカンタイプという。

解答 ①
アメリカンタイプは、取引終了期日までいつでも権利執行ができる取引方法です。


【問7】次の文章のうち、正しいものを選択。

① コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をインザマネーという。
② コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をインザマネーという。

解答 ①
インザマネー=権利行使した場合価値のあるオプション


【問8】次の文章のうち、正しいものを選択。

① コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をアウトオブザマネーという。
② コールオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をアウトオブザマネーという。

解答 ②
①の場合は、権利行使した場合価値のあるオプションなのでインザマネーといいます。


【問9】次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

コールオプション、プットオプション共に、原資産の価格が権利行使価格と同じ状態をアットザマネーという。

解答 ○
権利行使した場合、損益がプラスマイナス0の場合をアットザマネーと言います。ここで気をつけて欲しいのは、問題をよく読んでいないと「アウトオブザマネー」と読み間違える可能性があるので、問題はしっかり読むことを心がけましょう。


【問10】次の文章のうち、正しいものを選択。

① プットオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をアウトオブザマネーという。
② プットオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をアウトオブザマネーという。

解答 ①
プットオプションとは、相場が下がると予測したオプションです。権利行使価格を上回っていたら、アウトオブザマネーです。権利価格を上回っていたら、インザマネーとなりペイアウトが受け取れます。


【問11】次の文章のうち、正しいものを選択。

① プットオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態をインザマネーという。
② プットオプションにおいて、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態をインザマネーという。

解答 ②
問10で解説した通りです。プットオプションは、原資産の価格が権利行使価格を下回っているという予測していたという事なので、インザマネーでペイアウトを受け取れます


【問12】次の文章のうち、オプションに係る用語の説明として、正しいものを選択。

① 権利行使価格とは、権利行使により原資産を購入または売却する価格であり、バイナリーオプションの場合には、ペイアウトの発生の有無を判断する基準価格である。
② 権利行使価格とは、権利行使により原資産を購入または売却する価格であるが、バイナリーオプションには原資産を売買する権利ではないので、権利行使価格はない。

解答 ①
権利行使価格(予測レート)は、ペイアウトを受け取れるか否かを判断する基準価格です。②の「バイナリーオプションには原資産を売買する権利ではない」の部分が誤りで、バイナリーオプションは、「原資産を売買する権利の取引」です。よって、権利行使価格はあります。


【問13】次の文章のうち、バイナリーオプションに係る用語の説明として、正しいものを選択。

① 判定価格とは、権利行使時点の原資産価格であり、権利行使価格と比較し、ペイアウトの有無を判断するための価格をいう。
② 判定価格とは、権利行使価格のことで、原資産の時価と比較し、ペイアウトの有無を判断するためのあらかじめ決定された基準価格をいう。

解答 ①
判定価格判断基準にし、ペイアウトを受け取れるか、受け取れないかを判断します。


【問14】次の文章について、正しければ○、誤っていれば×を選択。

ペイアウトとは、バイナリーオプションにおいて、あらかじめ定められた権利行使条件を満たし、権利行使が行われた結果、オプションの売り手が買い手にあらかじめ定めた金銭を支払うことをいい、支払われる額をペイアウト額という。

解答 ○
権利行使条件=取引期間や、予測レートなどの予め定められた権利行使条件


【問15】次の文章について、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関の取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引に関し、正しければ○、誤っていれば×を選択。

店頭通貨バイナリーオプション取引では、取引期間中の為替レートが一方向に想定以上に動き、アットザマネー周辺で適切な取引が継続できる権利行使価格が無くなった場合には、途中で権利行使価格を追加することがある。ただし、権利行使価格が追加された場合であっても、それまで利用した権利行使価格は引き続き取引を行い、またその取引価格が、権利行使価格の追加の影響を受けることはない。

解答 ○
上記の問題ような状況なってしまった場合、新たな予測レート(権利行使価格)を追加することがあるという事です。新たに予測レート(権利行使価格)が追加されても、追加される前の取引には影響しません


【問16】次の文章について、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関の取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引に関し、正しければ○、誤っていれば×を選択。

バイナリーオプション取引では、判定価格が重要である。個人向け店頭通貨関連バイナリーオプション取引を取り扱う場合には、自社が決定する判定価格について、ミスや作為的な操作が行われていないか自ら点検するほか、第三者の提供するレートデータを用いる場合でも、データに誤りがないか点検している。

解答 ○
判定価格は、ペイアウトを受け取れるか否かが関わってくるr重要なものです。バイナリーオプション業社は、再三のチェックをいれ自社だけでなく第三者が提供しているレートデータを用いて、慎重にチェックしています


【問17】次の文章について、一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関の取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引に関し、正しければ○、誤っていれば×を選択。

店頭通貨バイナリーオプション取引については、顧客との間で行われた全取引の損益結果をまとめ、自社のホームページにおいて情報を公開し、顧客が取引開始前、あるいは取引を行っている間いつでも、その情報を確認し、冷静な判断の下にお取引いただけるための、様々な環境整備に努めている。

解答 ○
バイナリーオプション業社は、顧客との全取引の損益結果などの情報を、顧客自信がいつでも閲覧できる状態にしておく必要があります。


【問18】次の文章のうち、日本国内に居住する投資者に対する通貨関連店頭オプション取引の課税について、正しいものを選択。

① 個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の利益は課税対象となる。
② 個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の利益は全て非課税である。

解答 ①
個人投資者は、オプション取引やFX取引で得た利益は課税対象となります。


【問19】次の文章のうち、日本国内に居住する投資者に対する通貨関連店頭オプション取引の課税について、正しいものを選択。

① 個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の損益は、FXや有価証券関連店頭オプションの損益と通算することができる。
② 個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の損益は、FXや有価証券関連店頭オプションの損益と通算することができない。

解答 ①
オプション取引以外に投資していた場合、たとえばFXや株などの損益を通算する事ができます


【問20】次の文章のうち、正しいものを選択。

① 通常、店頭バイナリーオプション取引契約では、取引契約成立(約定)後、一定期間まではクーリングオフを行うことができる。
② 特別の取り決めがなされる場合を除き、店頭バイナリーオプション取引契約成立(約定)後においてクーリングオフを行うことはできない。

解答 ②
取引契約が成立したら、クーリングオフすることはできません。約定させるときは、注意を払いましょう。


外為オプション
外為オプション
ルールはラダー取引、相場の状況に合わせて7本のレートから選んで上下を予測!購入金額は1円から999円、ペイアウトは1LOT一律1,000円受け取れます。
詳細はこちら
LION BO
LION BO
7本の目標レートから1本を選んで予測する人気のラダータイプを採用。0円~1,000円から始められます!少額取引が出来るので無理のない範囲で投資ができます。
詳細はこちら
バイトレ
バイトレ
取引ルールは3種類。スマートフォンでも取引OK!操作もシンプルな3ステップで済むから、家でも外出中でも気軽にバイナリーオプション取引ができます。
詳細はこちら


ルールはラダー取引、相場の状況に合わせて7本のレートから選んで上下を予測!購入金額は1円から999円、ペイアウトは1LOT一律1,000円受け取れます。 >>>